今日は雨、外での活動ができないので2度目の幼穂観察を行いました。

気温 13℃  地温 15℃  

この3日の中での最高気温 24℃  最低気温 6℃

分げつ数 29 でした。

P1010034

最初根元にあると思って切ると空洞でまったくありません。「成長しているのでは」の一言で真ん中をめくると

なんと3節目に小麦の小穂の形をしています。長さは3.5cmぐらいでした。

IMG_2789IMG_2791

IMG_2800

 

しかし小さい茎を観察すると先回と同じような形が観察されました。

IMG_2798

茎の成長により幼穂はどんどん小麦らしい形になっている様子が分かりました。

 

 

 

 

 

 

幼穂観察を行いました」 に1件のコメント

  1. 宮内陽介 より: 2015/4/14 19:36

    幼穂観察ありがとうございます。段々とコムギになっていますね。

    茎の上の方にあるということは、もうすぐ止葉期ではないでしょうか。

    注意して観察してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

検索

最近の記事

 

学校一覧

2018年度課題研究校

2017年度課題研究校

2016年度課題研究校

2015年度課題研究校

2014年度課題研究校

2013年度課題研究校

2012年度課題研究校

ゆめちからミッション動画

資料ダウンロード

ゆめちからトップへ

Copyright(c) Pasco Shikishima Corporation All Rights Reserved.