みなさんこんにちは花里です。 だんだん気温が高い日が多くなってきています。 成長はいかがでしょうか?
アブラムシの登場の具合はいかがでしょうか?
引き続き、水やり、アブラムシ対策をしながら、育てていってくださいー
そして、いよいよ実をつける時期になります。

新たなミッションに挑戦してみてください!
開花して、それからどのように種子になっていくのか これから子実観察をして報告して欲しいと思います。

 

ゆめちからミッション映像「子実観察」(ここをクリック

手元がわかりにくいと思うので、補足します。

図1

①穂をハサミでカットします。  
開花したばかりであれば、白いおしべがついているものがあります。

図2

 ②採取する箇所を決めます。
小穂、下から4番目の小花の外頴(がいえい)と内頴(ないえい)をピンセットではがしました。
はがすと白い部分がありますが、これが子実です。 

図3

③ピンセットで子実をはがし取り、無水エタノールに入れて冷蔵保管します。  
サンプリングの日程を決めて、どのように種子になっていくか経時的にみてみましょう。

みなさまの報告を楽しみにお待ちしております!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

検索

最近の記事

 

学校一覧

2017年度課題研究校

2016年度課題研究校

2015年度課題研究校

2014年度課題研究校

2013年度課題研究校

2012年度課題研究校

ゆめちからトップへ

Copyright(c) Pasco Shikishima Corporation All Rights Reserved.