2月8日、スタートアップ校である上富良野高校とオンライン面談を行いました。

 

初めてのオンライン面談ということでまずは自己紹介、プロジェクトの紹介、ゆめちからの特徴について紹介しました。

先生の子どもが「パン作りが好きでゆめちからを知った」とのことでお申し込みをいただきました。

実はゆめちからは北海道で生まれた小麦にもかかわらず、これまで北海道からのご応募はありませんでした。

ということで、ゆめちから、凱旋です!​

 

<研究計画>

  • ゆめちからと春よこいを栽培し、差を調べている。

  • 室内と室外で育成し、差を調べている。

  • 室内・ゆめちから 葉長 30cm / 室内・はるよこい 葉長 40cm 現状10cmほど差がありはるよこいの方が大きい(室内は10℃程度、冬休みも氷点下にはなっていない、北向き)

  • 外のプランターは雪の下で見えない、雪解けは4月

  • 麦踏みを行っている(数度)

  • 外のプランターの個体は室内で積算温度が500℃を超えるようにしてから外に出した。

appear_in_–_one_click_video_conversations

外のゆめちからは現在雪の中、、

 

次は雪解けの4月くらいにまたオンラインで様子を確認します!

 

百目木

 

 

 

 

 

 

検索

最近の記事

 

学校一覧

2018年度課題研究校

2017年度課題研究校

2016年度課題研究校

2015年度課題研究校

2014年度課題研究校

2013年度課題研究校

2012年度課題研究校

ゆめちからミッション動画

資料ダウンロード

ゆめちからトップへ

Copyright(c) Pasco Shikishima Corporation All Rights Reserved.