冬休みがあけ小麦のプランターを見ると、葉が黄色くなっていました。

水が不足しているのではと、水やりをしました。

数日後、オンライン面談で「小麦縞萎縮病」かもと診断され、ショックでした。

この病気は土にいるウィルスが原因なようで、治療できないようです。

研究区・基準区(2月8日)の様子。

最後の追肥で違いを比較する予定でしたので、

どちらも1回目の施肥は同じ量です。

RIMG研究区3402

 

RIMG基準区3401

別の土や畑に余った種を蒔いていたので、それとの様子の比較をしていくことにしました。

別の土に植えた小麦(研究用プランターより種まきが10日位遅いです。)

RIMG別の土1 3399

畑の小麦(研究用プランターより種まきが3週間位遅いです。)

RIMG畑3398

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

検索

最近の記事

 

学校一覧

2021年度課題研究校

2020年度課題研究校

2019年度課題研究校

2018年度課題研究校

2017年度課題研究校

2016年度課題研究校

2015年度課題研究校

2014年度課題研究校

2013年度課題研究校

2012年度課題研究校

ゆめちからトップへ

Copyright(c) Pasco Shikishima Corporation All Rights Reserved.