和歌山では桜が開花し始め、暖かい気候となってきました。

ブログの更新がなかなかできず、

この記事が今年初めの投稿となってしまいましたが

冬からこの春にかけてゆめちからにいろいろな変化があったので

沢山このブログを更新していきたいと思います。

 

今回の記事では、3月28日のゆめちからの様子を

レポートしたいと思います。

 

 

 

上の写真は研究区1~3のゆめちからの様子です。

茎や葉の数が増え、冬期の三倍もの長さにまで成長しました。

しかし、順調に成長しているように見えるゆめちからですが、

最近、葉の表面の凸凹が目立つようになってきました。

 

 

 

下の写真のように裏から押されたかのように凸凹しています。

原因がよくわからないので心配ですが、

こまめに観察して見守りたいと思います。

 

 

 

次回は今までに採取したゆめちからの標本などを

ブログ記事に載せていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Copyright(c) Pasco Shikishima Corporation All Rights Reserved.