製粉されたものが送られてきました。

左から基準区ⅠⅡⅢ  実験区ⅠⅡⅢ

IMG_0777

実験区の方が収量が多いことがわかる。

この実験では止葉期に追加の肥料が投入されなかった。それもあってか実験区の方が「ふすま」の割合が多くなり、タンパク質含量も実験区と標準区の違いが予想されたものほど多くならなかった。

 

IMG_0775製粉されたものを比較

左が 2019年度チーム  右が今年度2020年度チーム

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

検索

最近の記事

 

学校一覧

2020年度課題研究校

2019年度課題研究校

2018年度課題研究校

2017年度課題研究校

2016年度課題研究校

2015年度課題研究校

2014年度課題研究校

2013年度課題研究校

2012年度課題研究校

ゆめちからトップへ

Copyright(c) Pasco Shikishima Corporation All Rights Reserved.