2月10日に、土と排水の窒素量を測りました。

昨年と比べるとまだ起生期になっていません。ちょっと遅いです。

 

土壌窒素量

 

基準区1 35ppm  基準区2 34ppm  基準区3 43ppm   平均 37.3ppm

研究区1 30ppm  研究区2 32ppm  研究区3 37ppm   平均 33.0ppm

ミナミ区1 42ppm  ミナミ区2 63ppm  ミナミ区3 56ppm   平均 53.6ppm

 

排水の窒素量

 

基準区 130ppm  研究区 170ppm  ミナミ区 200ppm

 

今回は土壌窒素量は前回と比べてあまり変化はありませんでしたが、

排水の窒素量が前回と比べて大幅に増えていました。

これからの季節は段々と暖かくなっていくので、

小麦の成長の変化を見逃さないように観察していきたいです。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

検索

最近の記事

 

学校一覧

2017年度課題研究校

2016年度課題研究校

2015年度課題研究校

2014年度課題研究校

2013年度課題研究校

2012年度課題研究校

ゆめちからミッション動画

資料ダウンロード

ゆめちからトップへ

Copyright(c) Pasco Shikishima Corporation All Rights Reserved.