急に葉が黄色くなってきました。

まだ開花している個体もあるのに、早い気がします。

先週に兆候がみられ、今週に入って急激にです。

弱ってきてるのでしょうか?

 

▼4月19日 アブラムシ大量発生。テントウムシ・ガムテープ・掃除機・手でつぶすなどで対抗するも苦戦。

22日に追肥・エルサン散布。

CIMG9526 CIMG9499

穂数はプランターあたり、

対照(127・171・140)比較(164・170・144)観察(136)

▼4月25日 だいぶ黄色くなる 開花している個体が多い

CIMG9588 CIMG9594

CIMG9620

▼4月27日 黄色どころか薄茶色になる。

CIMG9659 CIMG9652

葉の様子 内側に巻いてしまっているもの、張りがないものもある。エルサン散布により、現在はアブラムシはほぼいない。

CIMG9653 CIMG9655 CIMG9656 CIMG9657 CIMG9661

・雨は17日、21日、26日に定期的に降っており、水切れとは考えにくい?

・22日にエルサン(農薬)散布、止葉期追肥をしたのが影響したのか?(後日他の部員が記事を書きます)

・黄さび病なのか?もしそうなら早急に対策が必要か?

大変心配なので、対策があれば教えてください!

 

 

 

 

【開智】急激・全体的な葉の黄化(病気ですか?)」 に2件のコメント

  1. 百目木 より: 2017/4/28 13:43

    百目木です。急激な黄化ですね。こちらでも調べてみます。ちなみにさび病の場合は、葉に病徴がみられるはずです。

    葉や茎に鉄のさび色をした、盛り上がった粉質の斑点(夏胞子及び夏胞子堆)ができ、のちに黒褐色(冬胞子及び冬胞子堆)となる。

    http://www.jppn.ne.jp/fukuoka/boujyo/futuu/1252.htm

    このような病徴は見られますか?

    またエルサンは粉体、液体とありますが、どの製品を何倍希釈で使いましたか?

  2. 顧問(井上) より: 2017/5/2 9:31

    お世話になっております,顧問の井上です。

    先日は,お電話でのご回答有り難うございました。

    見た目の症状としては「立枯れ病」のようにも見受けられますが,5月2日時点ではまだ簡単には引っこ抜けません(根がしっかり張っています)。

    また,葉の多くは薄茶色となり乾燥しているような状態です。わずかに抹茶色の葉もあり,光合成が完全に停止しているわけではなさそうです。穂も薄い抹茶色です。一部の個体はまだ開花しています。

    一つ不思議な点は,予備用に独自に購入した培養土で育てているコムギは,同じ空間内で生育しているにもかかわらず,現時点では比較的緑色をしており,正常であるということです。

    以下は,お電話でお伝えした内容と重複しますが,一応,今後他の人への参考にもなるかもしれないので,情報を書いておきます。

    ・葉や茎に盛り上がった粉質の斑点はみられません。

    ・エルサンは粉剤。発行元に確認をとって,2重にしたガーゼにいれた粉剤を散布し,葉に白い粉がうっすらと付く程度に散布しました。

    ・根元から,茎および葉が,黄色→薄褐色と変化していきました。

    ・葉に斑点状の模様はみられず,全体的に色が変化し,脱水し,葉が内側に向かって巻いて萎縮しているものもあります。

     

    また,何か分かればお教えください。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

検索

最近の記事

 

学校一覧

2017年度課題研究校

2016年度課題研究校

2015年度課題研究校

2014年度課題研究校

2013年度課題研究校

2012年度課題研究校

ゆめちからトップへ

Copyright(c) Pasco Shikishima Corporation All Rights Reserved.