10月22日、播種(種まき)を行いました。

これまで全員で練ってきた施肥計画をまとめ、これからの栽培研究への一歩を踏み出しました。
基肥には20gの硫酸アンモニウムを与えました。
これからしっかりと観察し、有意義なデータがとれるようにしたいと思います。

10月27日、実際に行った肥料の与え方と施肥計画における基肥の与え方に相違点があった(土に硫安を一定の深さのところだけに入れてしまい、全層にすきこむのを忘れていたプランターがあった)ので播種をやり直してました。こんな初歩的なミスにメンバーからの指摘があるまで気付けなかった自分が情けないですが、幸い種子もまだあまり発芽しておらず、初期の段階でやり直しができたので、気を取り直してこれから研究に励んでいこうと思います。取り出した種子は、畑やプランターで他の実験に使いたいと思います。

9002 9003 9009 9008 9007 9006 9005 9004 9010 9011 9012 9013 9014 9015

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

検索

最近の記事

 

学校一覧

2017年度課題研究校

2016年度課題研究校

2015年度課題研究校

2014年度課題研究校

2013年度課題研究校

2012年度課題研究校

ゆめちからトップへ

Copyright(c) Pasco Shikishima Corporation All Rights Reserved.