寒い寒い美幌の冬もようやく終わりを告げ、次第に暖かくなってきました。

ここ一週間で気温が零下を割ったのは一度だけ。本格的に春の到来です。

 

気温が暖かくなるにしたがい、畑の雪もみるみる溶けて、久しぶりにゆめちからのお目見えです。

 

fig1

 

冬の間、雪の下でじっとねむっていたゆめちから。

葉先は茶色く変化しているものの、中心部分はしっかり緑色。

今年もマイナス20℃くらいまで冷え込んだ美幌の冬を耐え抜いてくれました。

 

fig2

ゆめちからの大きさを見てみると、草丈が15cm前後、分げつ数が6本程度と雪に隠れる前からほとんど変わっていません。

やはり、雪の下ではほとんど成長せずに休眠状態にあるようですね。

 

寒い冬をそっと耐え続けていたゆめちから。

春になり、暖かくなるにつれて、葉が立ち上がりぐんぐん成長する起生期に入ります。

きっと皆さんの学校でも暖かくなりはじめると、あっという間に大きくしてくれるはずです。

プランターでは水切れも心配な時期になるので注意してくださいね!

これからはじまる、ゆめちからのたくましい成長ぶり一緒に観察していきましょう!

 
 

久しぶりに、KAKAXIのタイムラプスを載せてみました。2月20日から3月30日の様子です。

雪解けの様子や、背景の樹木にも変化がみられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

検索

最近の記事

 

学校一覧

2020年度課題研究校

2019年度課題研究校

2018年度課題研究校

2017年度課題研究校

2016年度課題研究校

2015年度課題研究校

2014年度課題研究校

2013年度課題研究校

2012年度課題研究校

ゆめちからトップへ

Copyright(c) Pasco Shikishima Corporation All Rights Reserved.