こんにちは。毎日寒いですね。

まずは窒素含有量の測定の結果を。

1/9            2/2

基準区1:210ppm        18ppm      

基準区2:560ppm                  14ppm

基準区3:330ppm                  10ppm

研究区1:260ppm                  26ppm

研究区2:400ppm                  22ppm

研究区3:120ppm                  19ppm                    です。

 

続いてミッション1の報告を。

DSCN1150DSCN1149 DSCN1148

 

 

 

 

 

 

15の分げつがありました。

ところで、窒素がとても少なくなってしまったのですが追肥をするべきでしょうか。

また、追肥をするならどのくらいすればいいでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かぜが突き刺さる寒さ」 に9件のコメント

  1. 宮内陽介 より: 2015/2/5 10:48

    分げつ観察ありがとうございます。15本多いですね!リバネスのプランターも20-30ppmで推移していますが、分げつが多いので窒素吸収が多いかもしれませんね。

    一番葉の黄化が進んでいた調査区の窒素は調べていますか?教えてください。

    施肥は、研究区で行っていいかもしれません。3月には起生期追肥のタイミングがありますので、みんなと相談して決めてくださいね。基準区は他の学校とそろえるので計画通りに与えてください。

  2. kinjo kinjo より: 2015/2/6 16:38

    2月2日に窒素測定した結果、調査区は13ppmという値が出ました!

    これってどういう結果でしょうか。

    あと施肥ですが、与える場合どのようにすればいいですか?

    土に混ぜるとかそのまま蒔くとか、具体的な方法を教えていただきたいです!

    質問が多くなってすいません^^;

    よろしくお願いします。

  3. 百目木幸枝 より: 2015/2/6 22:32

    寒い中お疲れ様です!まず追肥ですが、植物体の間にパラパラと撒いてください。土は被せないでOKです。自然に分解されて植物に使われるようになります。

    調査区もですが、基準・研究区共にN含量が減ってきましたね。植物体の様子はどうですか?分げつが増えているようであれば、Nが使われている可能性が高いので追肥を考えてもいいかと思います。当初の計画を振り返って、どのくらい上げればいいかみんなで考えてみてください。

  4. kinjo kinjo より: 2015/2/9 16:11

    素早い対応ありがとうございます!

    分げつは徐々に増えている状況です。葉先の色にも不安を感じるので教えていただいたやり方で追肥をしてみようと思います。

    ところで、どこかで<葉が生い茂る頃(春先)が起生期>との記述を見たのですが、他校さんのブログを見る限り我が校のゆめちからさんは成長が早く、葉ももうすでに生い茂っている気がします。これはもう起生期に入っていると考えても良いのでしょうか?

    部員の中でも意見が分かれたので、ぜひ正しい知識を教えて頂きたいです!よろしくお願いします(*^ω^*)

    p.s.

    ちなみにですが、お隣のPASCOさんは今どんな感じですか?

  5. 宮内陽介 より: 2015/2/10 11:24

    お返事ありがとうございます。茎(分げつ)が立ち上がってきているでしょうか?

    プランターの上からの写真だけではなく、横から撮影したものがあれば、判断できます。

    報告待ってます。

  6. kinjo kinjo より: 2015/2/10 15:17

    田中@金城学院です。

    昨日2月9日(月)に採取した土壌の硝酸イオン量の測定結果を報告します。

    調査区 7ppm

    基準区 1-12ppm,  2-8ppm, 3-7ppm

    研究区 1-10ppm, 2-10ppm,  3-7ppm

    以上でした。

    一週間前よりもかなり低下しています。

    今週金曜日に追肥の量を生徒たちが決める予定です。

    それとそろそろ麦踏みもしなければならないと思っています。

  7. webmaster1 より: 2015/2/11 13:35

    金城学院の皆さまこんにちは。Pascoです。

    今日、屋上のゆめちからを見に行ってみました。先月は金城学院さんと同様、わさわさと緑色に茂っていたのですが、

    葉の赤茶がますます拡がっているようです…。

    そして、アブラムシもつきはじめていました~((+_+))

    Pascoでは窒素測定などは行っていませんが観察の上、追肥を計画しています。

    最近は温度変化が激しくて大変ですが、これからもがんばりましょう!

  8. kinjo kinjo より: 2015/2/13 16:00

    Pascoさん、こんにちはε(´・∀・`*)з

    こちらの葉は赤茶というより黄色が目立つ気がします。

    なので、相談の結果、今から追肥をしに行くことにしました。

    もうアブラムシが現れたんですか!?( ゚Д゚)

    こちらは今のところついていませんが、これからよく注意してみるようにします。

    お互い頑張りましょうね!

  9. 百目木幸枝 より: 2015/2/18 11:15

    アブラムシが既に出てきているんですね!!。。

    http://item.rakuten.co.jp/soraniwa/300000/

    信愛スティックや、

    学校さんにはお渡ししていますが、フマキラー等使ってみてください。。

     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

検索

最近の記事

 

学校一覧

2018年度課題研究校

2017年度課題研究校

2016年度課題研究校

2015年度課題研究校

2014年度課題研究校

2013年度課題研究校

2012年度課題研究校

ゆめちからミッション動画

資料ダウンロード

ゆめちからトップへ

Copyright(c) Pasco Shikishima Corporation All Rights Reserved.